ゆるおたマイライフ

アニメのちガジェット、ときどき百合。

私がソシャゲを辞めることができた理由

私は昨年の夏くらいまでソシャゲでアイドルをプロデュースしていました。しかし今はソシャゲを一つもやっていません。特に意図してはいなかったのですが、いつの間にかやってませんでした。

ソシャゲ全盛期の昨今、なぜ私はソシャゲを辞めることができたのか考えてみました。

ソシャゲを辞めたいと思ってる方の参考になれば幸いです。

 

ソシャゲを始めた理由

そもそも、なぜソシャゲを始めたのか。遡ること2014年の2月頃。当時、私は「アイドルマスター」というコンテンツにハマっていました。アイマスの大きなライブが開催されることに伴い、当時モバゲーとグリーで配信されていた2つのソシャゲをプレイし始めました。

f:id:yurugadget:20170121215136j:plain

重課金兵ではありませんでしたが、好きなキャラクターを手に入れるためにたまに課金ガチャを回したり、イベントを走ったりしていました。また、種類も女性向け、音ゲーと増えていき、ゲームに費やす時間は増える一方でした。特にイベント期間中は、朝起きてソシャゲ、出勤までにソシャゲ、勤務中のトイレでソシャゲ、お昼休みにソシャゲ、勤務後寝るまで片手間でソシャゲという状態になるので、お金だけでなく、沢山の時間を費やしました。

 

ソシャゲを辞めたきっかけ

昨年の夏、会社を辞めた勢いで数ヶ月ほど海外留学をしました。経緯はここでは省略するとして、この海外留学がソシャゲを辞めるきっかけとなりました。

会社を辞め、ほぼ日本の反対側に位置する国に、働いて貯めた貯金をほとんどはたいてまで留学をした手前、”全く身にならず帰国しました”では不味い。何よりも払った金の量が半端ない。

留学中は勉強に集中しなければという切迫感があり、留学前にソシャゲと一旦お別れすることにしました。帰国したらまたやろう、程度の結構軽い気持ちで、アプリを全て削除しました。(削除する前に引き継ぎ設定などもしっかり済ませた)

 

ソシャゲと離れて気づいたこと

帰国後、無職なので時間は有り余っていましたが、アプリを再インストールすることはありませんでした。
正直ただアプリを再インストールするのが面倒だったのですが、それが面倒だと思えるくらい、ソシャゲと距離ができました。日本とは全く異る文化圏で生活したことも影響しているでしょう。

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』主題歌 M@STERPIECE(通常盤)

ソシャゲと距離ができたおかげで、私はそもそも「アイドルマスター」というコンテンツにハマっていたのであって、ソシャゲにハマっているわけでないと気づきました。特に音楽、ライブ関連が好きだったので、ソシャゲはやらないけど、以前のように関連楽曲を聞き、ライブ映像を見たりしています。

現在、ソシャゲをしているであろう時間に、こうやってブログを書いたり別のことするようになりました。ソシャゲって時間とお金の消費しかしていなくて、生産したり創作することが無かったんですね。でも会社員時代の私にとって心の癒しでした。消費し、流行りに乗ることを楽しんでやっていました。

 

ソシャゲを辞めたければ会社を辞めればいい

ソシャゲを辞めたものの、海外留学という、ソシャゲに課金してた頃よりずっと高い金額を払い、貯金は減り、会社員時代のように毎月入ってくる給料もありません。もしうっかりソシャゲにハマっても課金する余裕はありません。

ソシャゲを辞める最強の手段は収入源を断つことです。会社員の方は会社を辞めるだけで簡単にソシャゲを辞められます!!

そこまでして辞めたくない、という方はソシャゲを辞める必要がないということなので、ソシャゲも人生も大事にしてほしいなって思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。