ゆるオタガジェット

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるオタガジェット

アニメのちガジェット、ときどき百合。

伊藤計劃「虐殺器官」公開まであと2ヶ月

 伊藤計劃の処女作品「虐殺器官」の劇場公開まで、ついに2ヶ月を切りました。


「虐殺器官」新PV

最初の特報「2015年11月13日公開」から約1年が経ちました。この1年で公開までこきづけてくれた、制作に関わる全てのスタッフさんに感謝します。

 

虐殺器官」公開までの経緯

伊藤計劃作品映画化プロジェクトの第2弾として、制作が進んでいた「虐殺器官」。本来は、第1弾「屍者の帝国」の後、2015年11月に上映される予定でした。しかし、公開日の一ヶ月前、「虐殺器官」を制作するアニメスタジオ マングローブが倒産しました。

アニメスタジオが潰れてしまい、ファンとしては「虐殺器官」は完成するのか、このまま見れなくなってしまうのか、と心配しましたが、すぐに「制作継続決定」のニュースが。別のアニメ制作会社「ジェノスタジオ」で監督やメインスタッフは続投、という形で制作継続されることが決定しました。よかったー!

 

主題歌全部入りのEGOIST「リローデッド」

今作の主題歌であるEGOIST「リローデッド」は、昨年発売されています。ゴリゴリな楽曲に、サビ前の銃のリロード音がむちゃくちゃカッコイイ。EGOISTのゴリゴリ曲はドライブ中に聞くと捗ります。

対して映画「ハーモニー」の主題歌である「Ghost of a smile」はピアノとchellyちゃんの歌声だけ。初めて聞いた時は、衝撃的なクライマックスを見た後でした。ピアノのイントロが優しく耳に入ってきて、映画の没入感からゆっくり開放されていったのを覚えています。「ryoさん作曲×ピアノ×少女の歌声」は最強の組み合わせだと思っています。

ボーカルのchellyちゃんはデビュー曲の「Departures〜あなたにおくるアイの歌〜」から、ずいぶんと大人っぽくなってるんですよ。当時も17歳にしては大人っぽい声だなぁとは思いましたが、10代の女の子がだんだん大人の女性に成長していく感じ。EGOISTの歌を通してchellyちゃんの成長を見守ります。彼女の歌声もEGOISTの大きな魅力ですものね。

伊藤計劃映画の主題歌は3作品全てEGOISTが担当しています。そして主題歌全3曲、このCD1枚に入っています。な、なんて太っ腹!まだ手に入れてない?初回限定盤買うならいまだぁぁ!

2017年2月3日、 とっっても楽しみです。