ゆるおたマイライフ

アニメのちガジェット、ときどき百合。

電コミの百合漫画「やがて君になる」1巻読んだらドツボだった

昨日、「2016年おすすめ百合漫画」という記事を書いた後、「やがて君になる」の1巻を読みました。

kindleで購入したのですが、接続する時間帯が悪かったのか、ダウンロードが遅かった…。結局購入した当日はうまくダウンロード出来ずに翌日読みました。大きなネタバレはありませんが、キャラについて触れていますので、ご注意ください。

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)

感想としては、悩まず2巻購入、です。

早く続きが読みたいです。が、3巻までしか出ていないので、焦らずじっくり、1日1巻くらいで読んでいきたいと思います。それでも3日しか持ちませんね…。

公式の紹介文に「一筋縄ではいかない――女の子同士の恋愛」というキャッチコピーがあります。そうそう、一筋縄でいかないのが「女の子同士の恋愛」です。が、この漫画は「女の子同士だから」ではありませんでした。キャラクター各々の性格が、一筋縄にいかなくさせている。そこにすごく惹かれ、みるみる「やが君」にハマっていきました。あらすじもレビューも何の情報も入れずに読み始めたので、先の展開が読めず、ハラハラしてしまって、、ページをめくるのが楽しい〜!

 

女子だけの世界ではない

女子校が舞台とか、出てくるキャラクターが女子だけとか、これらは百合漫画あるあるですが、「やが君」は女子だけの世界ではありませんでした。ふつうの男女共学の学校で、男子も出てくる。出てくる男子もNTRとか悪役とかいうわけでもない。こういうの、読んでて怖くなります。男子が悪役でない場合、ノンケエンドが潜んでたりするんじゃないかと。しかも連載雑誌が百合雑誌じゃないから、百合エンドが確約されてない。ちょい役の一年生の男子とか、後からストーリーに関わってくるのでしょうか。怖いんですけど、見ちゃう。ホラー映画を見たくなる心理と一緒です。

 

後輩に恋する正統派ヒロインには正妻がいる

「やが君」では、橙子先輩(黒髪の子)が一年生の侑(アホ毛の子)に恋しちゃうんですけど、この橙子先輩、正妻がいるんですよ。同学年の沙弥香です。もう正妻感すんごい。この二人の話で百合漫画出来上がります。というか私が今まで読んだ百合漫画では、こういう夫婦系二人が百合する話だったんですけど、「やが君」は違いました。裏をかかれたというか、驚いたのと同時にワクワクして仕方ありませんでした。正妻沙弥香さんがいることで一筋縄でいかないストーリーになりそうです。今後、嫉妬の話とか、そういうのも楽しみです。

 

一筋縄ではいかない「やが君」

そうきたかー!という感じに、良い所ばかりついてきて、ページを読み進めるのが超楽しかったです。そして終始ニヤニヤしました。気高い完璧そうな女性が、好きな人にだけ弱みを見せるって話がドツボでして、さらに相手が年下の女の子って、もうたまりませんね。絵も綺麗でどの表紙も惹かれます。2016年のおすすめ漫画に加えとこう。電撃コミックスから出ているので、今後のメディア展開に期待します!百合漫画アニメ化しろ〜!