ゆるおたマイライフ

アニメのちガジェット、ときどき百合。

Macで使える動画編集ソフト「Cute CUT Pro」使ってみた!

仲の良い友人が近々結婚する…となると、色々準備をしなくてはいけませんよね。私は最近、友人の結婚式があり、その余興用の動画を作成しました。その時に、Macに標準で付属している「iMovie」とApp storeで購入した「Cute CUT Pro」という2つのアプリケーションを使用しました。

結婚式用動画なので、正直iMovieで事足りるのですが、微妙な文字位置の調整を行いたかったので、この「Cute CUT Pro」を購入しました。

「Cute CUT Pro」にした理由は、Macで使えるかんたんな動画編集ソフトで、「3,600円」という安さで手に入るからです。有料の動画編集ソフトって1万円以上するので、素人はなかなか手を出しにくいです…。

「Cute CUT Pro」はもともとiPhone用アプリです。今回購入したものは、Macでも使えるようにしたものです。そのためMacで動かすには少々無理があったようです。

実際に使用してみて良かった点と悪かった点を書きたいと思います。

f:id:yurugadget:20170319010852p:plain

起動画面はこんな感じ。UIはアプリ版と同じです。

  • 作成した動画:5分
  • メインPC:iMac(2011年モデル 27インチの安いの)
  • 使用ソフト:Cute CUT Pro(Mac版)

 

良かった点

  • 動画内に自由に文字を配置できる
  • 動画のカットが楽チン
  • レイヤーを2つ以上重ねられる(限度数は不明)
  • UIはiPhone版と同じなので新たに覚えなくて良い

悪かった点

  • すぐ固まる
  • UIがiPhoneと同じなのでマウスで操作しにくい

 

iPhone版を使用していたこともあり、あまり悩まず購入しましたが、作業してたら固まりました。動画編集ソフトではよくあること…と思い再起動したらまた固まる。あれ…?

3回に1回くらい起動で固まるのでなかなか作業が進みませんでした。

「Cute CUT Pro」で作った動画は5分くらいだったのでなんとか完成しましたが、長時間のムービーは無理そうです。Macで使用するのは向いてないようです。

そんな感じで最後まで作業出来なったため、動画の結合やエンドロールはiMovieで作成。iMovieは標準ソフトなだけあって安定して動いてくれます。

iPhoneで使うのがベスト

Mac上では作業にならない「Cute CUT Pro」でしたが、iPhone上できる動画編集アプリとしては超優れものです。スマホでここまでできるのか!というくらいに。

というわけで「Cute CUT Pro」はiPhoneで使うのがベストでした。さよなら3,600円。