ゆるオタガジェット

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるオタガジェット

アニメのちガジェット、ときどき百合。

女性も泊まれる!遠征に最適な秋葉原のカプセルホテル【レポ】

生活

スポンサーリンク

地方オタクにとって遠征はつきもの。

地方在中オタクの自分は、イベントやライブのためにしばしば東京へ遠征することがあります。そして東京遠征したらついでに秋葉原に寄って行きます。

そこで必要になるのが心身を休めるための宿。
特にライブ前後の場合は体力温存のために身体を休ませたいところです。

可能な限り安く、快適に過ごしたい。

そんなわけで、先日アイマスカフェに行った時に泊まったカプセルホテルが良かったのでここでご紹介いたします。

コスパが良し!秋葉原のカプセルホテル「FIRST CABIN」

f:id:yurugadget:20170303200541j:plain:w300
紹介するのは秋葉原にある「FIRST CABIN」というカプセルホテルです。

「FIRST CABIN」とは?

飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルです。
ファーストキャビン FIRST CABIN ~飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテル~

だそうです。東京を中心に、京都、大阪、九州地方で展開しています。
名古屋には無いのは、需要がないからでしょうか…。レゴランドできて観光客増えるといいですが。

実際に泊まってみた

秋葉原の「中央出口(東)」から出て徒歩5分以内という好立地。

f:id:yurugadget:20170303202906j:plain:w300
おっオシャレ…!周りにお店がないため、灯火を点けたホテルはよく目立ちます。安っぽさがなくて良い感じです。

ロビー

f:id:yurugadget:20170303203026j:plain:w500
1階にはフロントとロビーがあり、フリースペースとして活用できました。WiFiは全ての階にありました。

室内

f:id:yurugadget:20170303203209j:plain:w300
FIRST CABINでは、「ビジネスクラス(写真)」と「ファーストクラス」の2つのタイプがあります。
ビジネスクラスは写真の通りベッドのみ。広さは2.5㎡。ただ、普通のカプセルホテルと違い、天井が高く、窮屈さが軽減されています。
ファーストクラスの場合、ベッドの横にスペースがあり、ベッドもセミダブルになる仕様。広さは4.4㎡。一度は使ってみたい。

f:id:yurugadget:20170303203328j:plain:w300
各部屋は薄いブラインドで仕切られているため、音はダダ漏れです(カプセルホテルの宿命か…)。
26または32インチのテレビも備え付けられています。

f:id:yurugadget:20170303203545j:plain
コンセントは各部屋2つ用意されています。
写真にあるACアダプタはフロントで借りることができました。

f:id:yurugadget:20170303203655j:plain:w500
貴重品ボックスも各部屋にあります。鍵はフロントで渡されます。

f:id:yurugadget:20170303204331j:plain:w500
各フロアに用意されている無料備品。
ハンガー、枕、ファブリーズ、ビニール袋が置いてありました。

推しポイント

  • シャワーブースと大浴場がある。
  • アメニティが豊富。女性も泊まりやすい。

▼アメニティ一覧がこちら。

キャビンウェア、使い捨てスリッパ、ボディタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、綿棒、ドライヤー、カミソリセット、ヘアブラシ
<女性専用>洗顔料、メイク落とし、化粧水、乳液、コットン

微妙ポイント

  • 土日の予約は埋まってることが多い
  • 音はだだ漏れ

物音で起きちゃう人はそもそもカプセルホテルが向いてません。秋葉原と難波で計3回ほど宿泊したことありますが、まだ熟睡できたことはないですwでも安いから泊まるけどね!

快適に寝るために

  • 音はだだ漏れなので耳栓orイヤホンは必須。
  • 室内は結構乾燥してるので、加湿器を借りるか、濡れたタオルを干すなど対策が必要。
  • 室内の温度を調整することは出来ないため、冷え性の人は羽織るものがあったほうがいいかも。

フロントの対応も丁寧で、値段も4,000円代とコスパも良く、結構気に入ってます。
以上、東京遠征(主に秋葉原に行きたい時)に使えるカプセルホテルの紹介でした!


ファーストキャビン(FIRST CABIN)秋葉原

(楽天トラベル)