ゆるおたマイライフ

アニメのちガジェット、ときどき百合。

紙本の良さを「れる」体で表現してみた

久しぶりに紙本を読んだら紙のザラザラを味わってて結局中身覚えてません。クルケー(@yurugagdet)です。

今は殆ど電子書籍で本を読んでます。特に漫画はkindleかアプリかweb。

久しぶりに紙本をふと手に取ってみたら、やっぱり本っていいなぁと思いまして。
せっかくなので紙本ならでは特徴を「れる」体で表現してみました。

f:id:yurugadget:20181105125203j:plain

めくれる

まずこれ。めくれること。
紙の本に出来て電子本に出来ない、めくるということ。

電子本も次のページに移動する時にめくる視覚効果があったりしますが、それはあくまで擬似的なもの。
物理的にめくるたびに紙質を感じたり匂いを感じたりするのが紙本のいいところ。

 

書き込める

紙本は、直接書き込めるのが良い。

電子本も勿論書き込るし、その後消せるし、カラーも選べて超便利なんですけど、視野角が狭いんです。
電子本に限らずPCやスマホもそうですけど画面内でしか見られないので、

 

匂いを嗅げる

紙本はその本一つ一つ匂いが違います。紙の違い、インクの違い、保管場所の違い。
紙本にはその本一つ一つにストーリーがあるんですね。

 

手触りを感じれる

ザラザラの紙、ツルツルの紙、、紙の材質を肌で感じられます。
箔押し加工された表紙なんかは高級感が出て、その本の質を高めます。

 

貸せる

実は紙本の最大の利点かもしれない…、気軽に他人に貸せること。
電子本だと貸せません。本体ごと貸さなきゃいけませんからね。
漫画をみんなで回し読んだりできたのは紙本ならではでした。

 

重みを感じられる

特に専門書や上製本なんかは、”重さ”があります。
分厚い本を読み終えた後の読了感を得られるのは、この”重み”あってこそ?

 

適当に開けられる

紙本は自分が赴くままに適当に開くことができます。
本を閉じてる状態から直感でバッと開いて、そこから読めるのが紙本。

 

見開きの迫力を感じられる

もっとありました、紙本の利点。

それは、見開き。

漫画の見開きの迫力は今のところ紙本の方が上です。

 

読書に集中できる

紙本はその本を読むことに集中できます。
いや、ごく当たり前のことなんですけど、そんな当たり前のことがメリットになってました。

電子本の場合、タブレットやスマートフォンで読むのでLINEやメールの通知が入ったりします。

便利媒体のため一台でなんでも出来るが故に、一つの作業に集中することが難しかったりして。

 

 

久しぶりに読んだ日本語の紙本、ビジネスや社会学系の本によくあるA5サイズの装丁で、マット系のソフトカバーの触り心地から見返しの紙(多分タント)をめくる感じとか、電子書籍にはない紙本の良さを味わって、この記事を書きました。

 

今でこそ殆ど電子書籍に移行しちゃったんですけど、
住まいのスペースがあって日本の本を簡単に仕入れられる環境があるなら
もっと買うのになぁ。(地味に海外勢なので…)