ゆるおたマイライフ

アニメのちガジェット、ときどき百合。

「オシャレとは何か」を漫画で解説した「服を着るならこんなふうに」を全巻読んだのでレビュー。

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

まずユニクロで黒スキニー買う。

初っ端から命令口調ですみません、黒スキニー万能なのでとりあえず一本買っとくことをおススメします。ユニクロならダサい格好でも入りやすいからオタクにやさしい。

自分は服が苦手です。ファッションとかオシャレなどという横文字が苦手。

そんな自分も気づけばアラサー。結婚式に招待される事も多くなって、いつまでも中坊みたいな服じゃいられない、ヤバイ…と思っているところ、以前からTwitterで何度か見かけたことがあったとある漫画に出会いました。
アニメイトで見た時も気になって手に取るも、勇気がなくて買えずにいましたが、先日、思い立ってKindle版を購入しました。

というわけで本日は漫画「服を着るならこんなふうに」の巧妙なステマをします。

この本は「服を買いに行く服がない人」向けである

この漫画はファッションに苦手意識を持つ主人公・祐介(27歳)が、同居する大学生の妹・環の指南によりオシャレを学んでいくハートフルファッションストーリー。

主人公は服を買うよりゲームを買いたい派で、「服を買いに行く服が無い!」と嘆いています。

服を着るならこんなふうに (5) (単行本コミックス)
オシャレじゃなくてもいい、"ちゃんとした人になりたい"という主人公の嘆きを、具体的分に解決していきます。

オシャレとは無縁なオタクでもわかるように「オシャレとは何か」を丁寧に説明してくれた漫画だと思います。

服に無頓着な人でも共感できる内容

この漫画は、

  • 各話に登場するアイテムとファッション理論を決めるMB氏
  • 漫画担当の縞野やえ先生
  • 出版社の編集さん

の3人で作られているとのこと。(5巻あとがき参照)

この漫画の中枢であるファッションの内容を担当するMBさんは、メンズファッションを理論的に展開されている方で、いくつか本を出されています。 

ブログも拝見したのですが、こんなオシャレな感じの人に「黒スキニーが良い」と言われたら「アッハイ…(オシャレな人しか着こなせねーよ)」と捻くれちゃうんですけど、漫画家の縞野やえ先生によりオタクも共感・許容できる内容になっています。

MBさんのブログはこちら:http://www.neqwsnet-japan.info/

個人的には縞野やえ先生の描く主人公の妹・環がドチャクソ可愛く、環ちゃんにあーしろこーしろって言われる感じが良かったです。(一家に一環)

肝心のファッションについて

とりあえず黒スキニー一本持っとけば万能 

1巻では一貫してモノトーンでまとめることに重きを置いています。初心者はまだ色に手を出しちゃいけない。

中でも黒スキニーは万能ハイブリッド選手。「黒色」はどんなものも合うし、落ち着きもある。「スキニー」はスラっとしててシルエットが良く、素材はスーツほどカッチリしてない。

なにこれ超万能。一本持っとけば生きていけます。

服の成り立ち・素材を知ると服に興味出てきた

服は身に纏うもの、くらいにしか思っていなかったのですが、生地の役割などを知ると服そのものに興味が湧いてきました。ファッション業界のマーケティングなんかも面白いですね。

たまにファッション系雑誌を読んだりした時は、わからないカタカナ用語ばかりで理解できませんでした。その辺りがロジックで説明されててわかりやすいです。

ユニクロに行けば済む仕様

この漫画では一にユニクロ、二にユニクロとユニクロゴリ押しなのでとりあえずユニクロで買えばそれなりに揃えられます。
しかもユニクロアプリに描き下ろし漫画が掲載されています。

買いもの上手になろう。新ユニクロ・アプリ。 - UNIQLO ユニクロ

この漫画が好評だったからなのか、ラノベも出ています。ちなみにラノベはGUとコラボってますw

ユニクロとGUなどは自分もわかりやすいブランドで有難いです。
特にユニクロとジャスコ(現イオン)は自分でも唯一の入りやすい服屋さんなので、その点も地味に有難いですね。

「脱・無個性量産型」はまず無個性量産型になってから

序盤はユニクロやGUなどが中心ですが、この通り揃えていくといわゆる"無個性の量産型ファッション"になるそうです。
※そもそも服を買いに行く服がない自分的には、その無個性量産型ですらないので問題ないです。

1巻〜2巻までは主に主人公・祐介を中心に、3巻からケーススタディ的に登場人物たちのそれぞれの悩みを解決していき、6巻では「脱・地味」をテーマに展開していきます。
各巻のファッションの内容としてはざっくりこんな感じ。

  • 1巻…服を買いに行く服を揃えて行く
  • 2巻…百貨店や高級ブランドについて。洗濯の仕方
  • 3巻…低身長マッチョのコーディネート、小物系など
  • 4巻…青少年(大学生くらい)の低価格で出来るコーディネート
  • 5巻…結婚式の二次会コーディネート
  • 6巻…脱・地味!

各巻で可愛い環ちゃんが見れるのですが、ストーリーよりパッとメンズファッション理論を知りたい人はMBさんの書籍またはブログがいいかもしれません。

残念な点:作中の商品が前シーズンのもので在庫がなくなってる

1巻の出版年が2015年末なので、作中に出てくる商品は何シーズンか前のものです。そのため、商品名で検索すると在庫がなかったりします。

f:id:yurugadget:20180130142002p:plain
同系統の新商品を調べれば似た感じのが出てきます。(が、それを今着ていいのかがわからない…)

 

まとめ:環ちゃんがかわいい

f:id:yurugadget:20180130142231p:plain
「服を着るならこんなふうに」1巻 6話より

安定した作画で環ちゃんが可愛いです。樋口ちゃんとのデートが楽しそうでいいですね。過去の伏線も少しあったりして、いつか回収されるのかな……。

 

最新話はヤングエースで読めます

最新話と少し前の話はヤングエースUPで読めます。

web-ace.jp

少し前まで休載をされていたようですが、ちょうど先週の1月23日から連載再開されていました。

紙本or電子書籍はこちら。 

 

6巻まで読んで、後日意気揚々とユニクロ行ってきましたが、目移りして何を買えばいいかわならなくなりヒートテック一枚買って帰りました。〜完〜

合わせて読みたい▼方眼ノートを使うと頭が良くなるらしいから使ってみた
私がソシャゲを辞めることができた理由